Drucker School学長の話しから得られた「気づき」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今晩は、米国から、母校ドラッカー・スクールの学長や教授が来日しており、スクール主催のイベントが開催されました。

クラスメイトや卒業生との再会、学長やスクールスタッフとの話しなど、とても楽しいひと時でした。

メインスピーチパートでは、学長の話と、また、スクールとご縁のあるヤマトホールディングスの木川社長のお話を聞くことができました。
木川社長の話から、あらためて「企業と社会が幸福に共存する経営モデル」についてじっくり考える事ができました。感謝です。

ドラッカー・スクール学長のLawrence Crosby氏の話も、興味深かったです。

Dean

特に、ドラッカーの考え方に基づいた「良い企業の条件」として挙げられた以下の5つは、改めて、納得感がありました。

① Customer Focus (顧客重視)
② Employee engagement (社員の絆)
③ Social responsibility (社会的責任)
④ Innovation (創造、革新)
⑤ Financial results (財務数字に現れる成果)

シンプルですが、確かにこれが実現していれば、非常に良い経営が行なわれている企業といえそうです。

これら5つをバランス良く育てていくことですね。

改めて、学び、気付く機会を得られた事に、これまた感謝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd