「イノベーション」プログラム

「イノベーション」は、今日、どの会社でも中心的なテーマです。経営者も頻繁にこの「イノベーション」という言葉を使われます。

しかし、この「イノベーション」の本質的な意味は理解されていません。

イノベーションとは一体何でしょうか

Business Innovation & Leadership

イノベーションは、「大規模な科学技術的な発見」「巨額な事業投資」に関わるものと捉えられがちです。しかし、その本質的な定義はよりシンプルです。

私たちの「イノベーション」の定義は、以下です。

「資源の活用方法を変化させ、新しい顧客満足や価値を生み出すこと」

資源とは、もちろん人財、社内に蓄積された技術、顧客情報、他部署の知恵、知識、新しいテクノロジーからミドリムシまで、我々の身の回りにある「資源」全般を指します。

ドラッカーは、このように言います。

「イノベーションは富を創造する能力を資源に与える。それどころか、イノベーションが資源を創造する。」

つまり、資源の新しい活用方法を見出し、それを新しい価値につなげることができれば、どのような小さな発見でも、それはイノベーション活動です。必ずしも、科学技術や大規模な投資を伴う「ホームラン」ではなく、企業のあらゆるシーンにある「イノベーションの種」に社員が気づき、実際にイノベーションを日々の実務で生み出す組織風土を築くことが「イノベーション教育」の目的です。そのような組織や人財に生まれかわったその先に、「大規模な」イノベーションにもつながるのです。

オーストリアの経済学者 ジョゼフ・シュンペーター(1883〜1950)もこのように言っています。

「イノベーションは技術革新に限らない。イノベーションは新しい組み合わせである。」

そのために、

「現状の均衡を 創造的に破壊し 新しい経済発展を導く」

ことが重要だとも、彼は言います。有名な「創造的破壊」です。

Joseph_Schumpeter_ekonomialaria

(ジョゼフ・シュンペーター 1883-1950, オーストリア)

私たちが、イノベーション教育で重視することも、まさにこれらのことです。 以下が、イノベーション教育の要点です。

  1. これまでの発想や価値観の枠から「出る」
  2. 旧い考え方(個々人も、組織も)や仕事を体系的に「棄てる」
  3. 重要な「変化」を観察する (幾つかの観察フレームワークを活用)
  4. 変化を、自社の事業にどのように活かせるか、熟考する
  5. 資源の新しい活用方法を試し、新しい価値や満足を生むイノベーションを、日々の実務で実践してみる(行動の規模大小問わず)
  6. イノベーション活動の結果を検証す

昨今の「イノベーション」事例を題材にしながら、イノベーションを起こす考え方や、戦略、ビジネスモデルの考え方を学ぶ講座です。様々な先進事例や思考フレームワークも活用します。基本プログラムは以下のとおりです。

「イノベーション」プログラムの概要

  1. 「イノベーション」とは何か(理論と具体事例)
  2. セルフ・イノベーションという考え方 (自分自身の考え方や習慣を刷新する)
  3. 「廃棄」する(棄てる)とは
  4. イノベーションの知恵を引き出す「7つの問い」
  5. デザイン思考を活用する
  6. ブレインストーミングする
  7. 新しい価値、新しい意味を創造する
  8. 具体的な事業アイディアに落とし込む
  9. 「ビジネスモデル」を学ぶ
  10. ビジネスモデルと戦略をデザインする
  11. イノベーションが生まれやすい組織を創るマネジメントを学ぶ

いずれも、各社のご要望にあわせてカスタマイズもいたします。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd