コンサルティング

企業の経営、組織のマネジメントにおいて、どのような悩みや課題を持たれていますか。

「他社との差別化、競争力アップ」
「新しい商売や事業を生み出すイノベーション発想」
「経営ミッションやビジョンの明確化と浸透」
「人材の育成」
「社員のモチベーション」
「組織内でのコミュニケーション」

などが、経営者の方からよく出されるテーマです。

これら個別の課題は、マネジメント理論体系の中ではつながっています。たとえば、「他社との差別化」と、「社員個々人の誇り、働きがい、モチベーション」は密接に関連していますし、「経営のビジョンやミッション」と「コミュニケーションの活性化」も関連しています。

一度、「自社の経営全体の目標と課題」について棚卸ししてみませんか。

「今、この会社で、解決すべき真の課題は何か。」
「どのような方法で解決していくか。」

を、ヒアリングや対話を通じて明らかにしていきます。

ドラッカーはこのように言っています。

「いかに余儀なく見えようとも、またいかに風潮になっていようとも、基本と原則に反するものは、例外なく時を経ず破綻する」
(ドラッカー 「マネジメント」より)

基本と原則というフレームワークを無視して、個別施策を導入しても、「部分最適」に陥り、成果が上がりません。

弊社は、「経営の基本原則」に則ったコーチングとコンサルティングをご提供します。他社の事例や一般的な成功事例、ノウハウなどももちろんお伝えしますが、重要な問いへの答えは経営者、リーダーの皆さんが自ら出されるのを精一杯ご支援します。

具体的には、下記の基本原則に沿って経営テーマを深堀りしていきます。

【マネジメントに必要な10の基本原則】
(ドラッカーの理論をベースに藤田が独自に編成)

目的・目標の立案に関すること

  1. 企業の「社会的(倫理的)大目的」確認
  2. 社会、市場の「変化」の洞察
  3. 社会の変化の中で、自社の「未来ビジョン(未来像)」の明確化
  4. 事業と顧客の「再定義」
  5. 高めるべき「顧客価値」の定義

実践、実行に関すること

  1. 「イノベーション」の実践
  2. 自発的な「人財」と創造的な「組織」づくり
  3. 人の「強み」を最大限に引き出し、「成果」につなげる考え方
  4. 「知識労働者」の生産性を高め、彼(女)らを引きつける考え方
  5. リーダーも社員も「自分自身をマネジメント」する考え方

ある程度の経営目標や課題が明確になってから、以下のステップに沿って話し合い、具体的な「実践」のプロセスに入っていきます。

【Refletion 内省のステップ】
Step1 組織・事業として今後目指したい姿の明確化
(リーダー自身の価値観や目的、求める成功のイメージ)
Step2 目指す姿と現状を比べ、何が「人生と仕事上の課題」か、明らかにする

【Planning 計画のステップ】
Step3 「課題」への取り組み方や優先順位を熟考し、腹に落とす
Step4 今後の「事業コンセプト」を再デザインする
(新しい事業定義、顧客定義、顧客価値定義、マネジメント方針。様々な事例も参考に)

【Practice 実践のステップ】
Step5 目指す成果・計画を設計し、アクションを開始する
Step6 定期的に成果を検証し、「目的」に合致するよう行動を修正し、発展させる

(ドラッカー経営理論、コーチング/ポジティブ心理学理論、その他の各種経営理論を融合した形でご支援します)

一貫して重要なのは、「自社にとっての顧客」「顧客にとっての価値」といった基本的な問い/ 命題について熟考することです。

ドラッカーの「経営者への5つの質問」もとても役立ちます。

スクリーンショット 2016-08-27 15.59.34

まずは無料でのヒアリングとディスカッションからお受けいたします。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd