人として大切なこと #388

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

いま、こういう本も読んでいます。

人として

渡辺和子著
「『ひと』として大切なこと」

読めば読むほど、「ひと」として大切なことが殆どできていないことに気付きますが(苦笑)。これも修練。

著者は、9歳の時に二・二六事件に遭遇。父の居間で1mのところで、当時教育総監だった父が青年将校に襲撃され、43発の銃弾で命を落としたのを目のあたりにした。

そのような人が書いた本だからこそ、深い。

愛情というのは、好きとか嫌いとかそういう「感情的」なものではなく、「意思・意図」であり、人格的なものである、という考えだそうです。なるほど・・。

「愛するとは、互いにかけがえのないものとして、相手をいとおしむ心、相手の生命を、そのもっとも本来的使命に向かって、伸ばそうとする心である。」
(渡辺和子著 「『ひと』として大切なこと」より。神谷美恵子医師の言葉。)

この言葉も、印象に残りました。

特に後半部分。対象の人を、その人の「もっとも本来的使命に向かって、伸ばそうとする」。

自分の子供達にも、またコンサルティングやコーチングをする際のクライアントに対しても、そうありたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd