疲れたら、自分にゆっくりと問いかけてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

オフィスで一人仕事をしながら、「ああ、時間に追われているな」と思う。

仕事が一段落したところで、目をつぶりゆっくり考えてみました。

「そもそも今、自分にどんな質問をしてみようか」と。

そこで思いついたのが、

「今、愉しく生きているか?どうすれば、もっと人生を愉しく生きられると思う?」

でした。

自分の答えは、

「基本は、おかげさまでわりと愉しく生きていることができていると思う。けど、どこかイライラしたり、何かが違う、と落ち込んだりすることもある。どうすればもっと愉しく生きられるかな。」

というかんじ。

ちなみに、「楽しく」より「愉しく」という字をつかっているのは、なんとなく「愉快」という気持ちを求めているからか。
また、尊敬する老荘(東洋)思想研究家の田口佳史先生も、「愉快な人生」が何より大切だと教えてくれたからかもしれない。

「どうすれば—」に対して、自分の出した答え

■ 自分に対し、ちょっとした挑戦目標を必ず設定し、それを乗り越えて自信にしていく

■ 人との出会いや人間関係を、これまで以上に大切にする

■ 話しをするときは、相手の立場に立つ。どうすれば相手の役に立てるか、と、少しでよいので、考えてみる

■ 仕事の際は、お客さんの「困りごと」を解決するために自分にできる最大限のことをやる

■ 家族を大切にする 家族の笑顔を基軸にする

■ 上記を明確に意識し、自分の時間を管理する

時に、自分に対して質問を投げかけて、セルフコーチングをすることって大切ですね。少し頭がすっきりしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd