メリーゴーランドに想う #314

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日は、姉夫婦と家族で川崎の「よみうりランド」へ。

いやー、何年ぶりでしょう。なつかしい。むかーし行った気がするのですが。

今は「イルミネーション」が奇麗な遊園地として、家族連れやカップルで賑わっていました。

ある意味、なつかしいレトロな感じがいいです。

アトラクションは、もちろんディズニーランドや最新のアミューズメントメント施設に比べれば、旧いものが多い。けれど、お客さん、皆楽しんでいました。

人が遊園地で楽しむのに、最新鋭の機器や設備があるのかどうかって、あまり関係ないんですね。

中でも、息子(6歳)と娘(2歳)にウケていたのが、「メリーゴーランド」(これも冷静に考えるとすごい日本語英語ですね 笑)。ただ数分間くるくるまわるだけ。だけど、子供達は「もう一回!」とか言いながら何回か連続して乗って楽しんでいました。

単純にまわるだけ。
そして、外から家族、親族、友人を笑顔で見守ったり、写真を撮ったりする人がいる。

けど、この「何気ないほのぼのとした時間」が数十年昔から変わらない、メリーゴーランドという遊園地の「顔」の魅力なんでしょうね。

自分の家族だけでなく、他の人達の笑顔もすごく良く、それが印象的でした。

良いものは、永続的に多くの人達を幸福にする。
そんなことを改めて想った土曜日でした。

(写真は、よみうりランドのイルミネーションに飾られたメリーゴーランド)

メリーゴーランド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd