子供の上達、成長を願う親として、一つだけ言うとしたら #325

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

我が家の小1の息子は、サッカーとか、ドッジボールとか、水泳とか、いろいろなものが好きです。

サッカーは特に、親である自分もやっていたこともあり、ついつい熱を入れて応援してしまいます。

サッカーには「級」のようなものがないので、なかなか目的やゴールを設定するのが難しいですね。
息子が通っているサッカースクールも、わりと自由にのびのびで、今は特に細かい技術などを教え込む感じではありません。

親としては、子供が上達をしてさらにそのスポーツを好きになったら嬉しいな、と思います。
が、あれもこれも細かく言うのは絶対にNGですね。

サッカーのコーチにもよく言われますが、「基本は、子供が自ら学びとるのを待つ」スタンスが大事。
自分も、技術的なアドバイスは、本人が知りたいというアンテナが立っている時にだけ行なうようにしています。

そんな中でも、子供が上達・成長するために、一つだけ強調して伝えたいことがあります。

それは、練習の中で、特に試合・ゲームの中で、必ず「挑戦」をするということ

サッカーでは特にこれが大事です。技術の修得も大事ですが、「難しいかな、できないかな」と思う事に、ゲームの中で思い切ってチャレンジしてみること。

自分自身でゴールキックやコーナーキックをけってみる

思い切ってドリブルで勝負をしかける

うまい選手にも、気持ちで負けずに、立ち向かって行く...など。

サッカーは技術も大事ですが、「挑戦をくりかえすことで、プレースタイルを肌感覚で確立していくこと」が大事だと思うのです。「人」と関わりながらやるスポーツなので、ゲームの中でしか培えないものがあります。

対人プレーにおいてまだまだ「控えめ」な息子ですが、「挑戦」という言葉に対しては、少し理解してくれている模様。

昨日のスクールの練習でも、「一歩自分の壁をこえて挑戦する」というプレーが少しずつふえてきて、コーチにもほめてもらえていました。

考えてみれば、大人も一緒です。
成長するために何が必要かといえば、何歳になっても「殻をやぶって新しい自分になることに挑戦する」—これが大事なんだと。

親としても学ばせてもらいました。
パパもがんばります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd