「仕事の大半はつまらないものだ」は現代の若者に通じるのか #345

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日の「ホットグループ読書会」でも再三出た話題です。

企業の要職についている人がよく若者の前で発する、この言葉。

「仕事の大半はつまらないもの。苦しいものだと思った方が良い。」

これが、実際は、当人の意図以上に、聞く人(主に若い人)にとっては心地よく響いていない、という話になりました。

おそらく、言われるご本人は、「大半がつらいこと、そういう覚悟をもって仕事に臨んでほしい」「つらいと思うから、少しの楽しみや喜びを味わえる」ということをおっしゃりたいはず。

それは、よくわかります。私、理解できます。

しかし、現代の特に若い人達は、そういう思考回路では仕事をとらえない。
かといって、辛いことをやりたくない、というわけではないと思います。

私のよく知る若くして活躍している人達は、

「仕事は、ワクワクするものであってほしい。そうすれば、その過程で起こる困難やリスクにも立ち向かって行ける」

という思考回路で捉えているように感じます。

同じことを言っているようで、「仕事はつらいもの」と「ワクワク楽しいもの」という対極的なところからスタートしている気がします。

かつての「モーレツ会社員」のスタイルとは違う、洗練されたベンチャー企業経営者やクリエイター、デザイナーが注目を浴びていることも、「仕事観」を変化させている要因だと思います。

また、何より「女性」がどんどん職場で活躍の場を広げている(以前よりは)。
そうすると、女性の感性でその言葉が受け入れられるかどうか、慎重に吟味する必要がありますね。

たかが言葉、されど言葉。

企業のリーダーの言葉は若い人にとっては想像以上に重いもの。

できうるならば、希望が持てる、前向きなメッセージを全面に出して鼓舞してほしいと思う今日この頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd