小児外科医 山高篤行さんに感動 #373

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

3月16日放送のNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」。
「恐れの先に、希望がある  小児科医 山高篤行」
http://www.nhk.or.jp/professional/2015/0316/index.html

professional

なにげなく観た。
とても、感動した。

順天堂大学病院 小児外科医 の山高先生の特集。

元々極端なほどの「心配性、臆病」な性格だったという。
それが、小児科医という仕事で活きた。

なぜなら、小児科医は、幼児というきわめて脆くて弱い患者をあつかうから。
「臆病」であることが、とても大事なのだという。

山高医師いわく、

「手術は、準備が全て。準備を完璧に完了させた段階で、手術は終っている。」

今日より明日、明日よりその先、最高の仕事をするために、臆病なほどに準備をして、完璧な結果を目指す。

難病手術に挑む前の山高医師は、机に向き合い、何枚もの紙に絵や文字を書き入れながら、「戦略」「作戦」を練る。

ところどころに、「Care」(注意せよ)と書き込んでいることが、すごく印象的だった。

「いつも、こわくなる。できれば逃げ出したい。」という。
それでも、自分が子供と家族を救う最後の砦だという使命感で、日々生きている。

感動した。
自分も、その使命感とプロフェッショナル意識を、見習わなくては。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd