読書会での気づき〜重要なことに「集中」する〜 #381

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日は、定例のドラッカー本の読書会@都立大学の隠れ家的なダイニングにて。
課題図書は、ドラッカーの「プロフェッショナルン条件」。

参加者は、社長から起業家まで、様々なバックグランドの皆さん。
6名ほどの人数で適度なサイズ。中身のものすごく濃いディスカッションができました。

その中で、「重要なことに集中する」というテーマについても、深く話し合いました。

自己啓発にせよ、仕事にせよ、読書にせよ、我々は、あまりに多くのことに「意識」が向けられすぎてきる。

知識や情報が世の中にあふれているから、あれもこれも気持ちが向いてしまう。

大量の本を買ったり、いろいろなネットの情報を見たりしている。
けれど、何か「深まって、自分の中に落ちている」気がしない。

これは、まさにドラッカーの言う、「知識時代を生きる、知識労働者にとっての最大のセルフ・マネジメント課題」でもあります。

自分は何者か?
自分は何において秀でたいか?
自分が最も貢献したい大切なテーマは何か?

これらを問い続け、「その大切なことに集中する」ことができたら、パフォーマンスも一気に高まるのだと思います。

自分自身にとっても、最も重要な課題です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd