「自分を生産的に」してくれる問い〜堀江信宏さん新著〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

僕にとってのコーチングの師匠、堀江信宏さんが書籍を出されました。

堀江さんに初めてお会いしたのは、約2年前。
コーチングカレッジの体験講座に参加して、
その考え方にすごく共感したのを覚えている。

以来、コーチングでも、ビジネス面でもご指導いただいている。

僕にとって堀江さんは、

「シンプルな原則を、徹底することで、結果を変える人」

という印象。

たとえば、コーチングで言えば、

「目標をイメージしましょう」

というのは、鉄板の方法論。

けど、堀江さんはさらに突っ込んでくる。
自分が抱いている(と思っている)願望に対して、

「もっと具体的に言うと、どういう結果を得たいのですか?」
「どうしてそれを得たいんです?」
「それを実現したら、どうなりますか?」

と徹底して問うてくれる。

そう問われると、

「確かに、別に俺はそれをやりたいわけじゃないな。本当にやりたいのは・・」

と思えてきたりする。

そこから、堀江さんの言う、

「偽の願望(単なる現実逃避や、他人との比較から生まれている願望)」
「真の願望(自分の本当の価値観に合った、本物の願望)」

が明らかになってくる。

堀江さんがいつも強調しているのは、

「セルフトーク(自分との対話)」

の大切さ。

これは、もちろん自分自身のためでもあり、
チームを率いる上でも大切なこと。

自分自身と「十分な対話」ができない人が、
他者の願望や強みを理解することはできないから。

今回出版された堀江さんの著書のタイトルは「自問力」。

堀江さんの膨大な「知」を、

「まず自分に問うべき5つの重要な問い」
(「プライマリー・クエスチョン」と書籍では表現されている)

に凝縮してくれている。

あれもこれも、ではなく5つの問い
にフォーカスしているから、実践しやすい。

実際、この本を読んで自分も、
日々「自分に問う」問いが変わってきている。
それだけでも、すごく効果を感じる。

最初に自分に聞く問いを間違えると、
膨大なエネルギーと時間が無駄になる。

逆に、短期間で意味ある「成果」を上げる人は、
自分に問うている問いが違うんだな、と実感できる。

そういえば、ピーター・ドラッカーもこんな大切なことを教えてくれた。

「最も危険なのは、間違った問いに正しく答えようとすることだ」

(書籍にも書かれているとおり)ガンという病を克服された堀江さんが
自ら実践で証明してきている「自問自答」の重要なエッセンス。

僕自身も、また読者の多くがこれを継続して、日々「実践」することで、
仕事や人生が確実に変わっていくと思う。

ぜひ、多くの人に知ってもらいたいです。

(短期間の書店キャンペーンもやられています)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd