誰にとっても重要な「問い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近、人と会って対話をする時間を大切にしています。

その中で、誰にとっても重要な問いが一つあることに気づきました。

それは、

「自分という資源を最大限活かして、どんな貢献をしたいか?」

です。

今仕事が順調な人も、そうでない人も、

経営者も、サラリーマンも

起業家も、定年間近な管理職の方も、

老若男女誰もが、最も気になる問いではないでしょうか。

 

世の中が激しく変化しています。

国家のリーダーにも、大企業の経営にも、とんでもない、

思いもよらない事態が起きる時代です。

安定していた組織が急に傾くこともあります。

そんな中で、これまで以上に、

「自分は、どのように人生を生きたいのだろう」

と考える人が増えています。

 

ドラッカーは、

「無数の選択肢を前にした者が答えるべき問いは、正確には、何をしたらよいかではなく、自分を使って何をしたいかである。」

と言いました。

これはまさに、

「自分という資源を使って、どんな貢献をしたいか」

ということを問うています。

 

「私は、何をやりたいんだろう?」
「俺は、どうしたいんだろう?」

と考えてもなかなか答えは出ません。

それより、

「世の中で一人しかいない自分という資源を生かし切って、どんな貢献をしたいのか?」

これに明快に答えることができたら、スッキリするはずです。

なぜなら、この問いは、

① 自分自身の、自分オリジナルの強みを生かす
② 他者に貢献する

という人間の大きな欲求2つが融合したものだからです。

 

成功哲学の原則によれば、

「奉仕している対象の人の数が、人間の成功度を決める」

そうです。

 

「自分という資源を使って、どういう貢献を、どういう奉仕をしたいのか?」

を考え抜いて、納得出来る答えを見つけることが、

経済的にも成功するための鍵になりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd