怒りをマネジメントする #494

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

どのビジネスパーソンと話していても、何かしら「腹が立ってしょうがない」ということがあるようです。

・上司が無能だ
・上司に責任感とビジョンがない
・後輩や部下が言う事を聞いてくれない
・同僚との関係がうまくいかない

などなど。

怒り

組織の大小に関わらず、「怒りのマネジメント(Anger Management) 」は今や重要なテーマ。
そういえば、米国留学時に「Anger Management」に関する映画を観ました。面白かった。

怒りやイライラを抑える最も即効性の高い方法は、

「深呼吸をする」

ことだと思います。

いらだって、感情が乱れているときは、決まって呼吸が浅い。
その中で、ゆっくり深く深呼吸をすると、すっと気持ちが晴れる事があります。
これは、効果的です。

それ以外に思うのは、やはり

「感情が爆発するまでの『伏線』をしっかりつぶす」

ことだと思います。

人間何か一瞬で怒りが沸点に達する事は少ない。
少しずつ、コップに水が注がれるように、怒りといらだちが高まって、最後に「沸騰」する。

その、一つ一つのイライラの積み上げを、爆発する前に刈り取るか、そもそも積上らないようにする。

たとえば、

・部屋が散らかり過ぎているからイライラする
・仕事の締め切りにいつも直前に追われるからイライラする
・部下や同僚とコミュニケーションをこまめにとっていないから、妄想もふくらみ、イライラする

などなどの伏線(要因)になっていることを事前につぶしていく。

それが、怒りをマネジメントし、穏やかに仕事をするうえで不可欠かと。
(自分もなかなかできないことも多いですが)

怒りという感情をマネジメントすれば、それはポジティブなエネルギーに転換可能。
せっかくの「エネルギー源」。創造的、生産的に使いたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd