「本当の自分」に近づく感覚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分は、あまり一般的な「優良なキャリア」を歩まず、自分の心の赴くままに仕事をしてきた気がします。

最初は、総合商社やコンサルティング会社など、わりと名前が有名なところを就職先にしていました。若くて、情報もないから、当然かもしれません。

そこから、徐々に、「ああ、こういうテーマやりたい。」「こういうことを学んでみたい。」「こんなスタイルで仕事をしてみたい。」という自分の関心に従って、仕事を選んできました。

「こんなスタイルが自分なんだ」と思いながらも、どこかで「ああ、もっとこうしておけばよかったかな」「こういうところで、こんな仕事に挑戦すればよかったかな」「ここでもっと長く勤めていれば箔がついたかな」、など「迷い」があったのは正直、事実です。
過去を振り返っても意味がないと分かっていても、ついつい振り返ってしまい、迷いが出る。

しかし、最近深めている「強み」というテーマを学ぶにつれて、迷いがほぼ無くなっています。

いろいろなジレンマや、社会常識への反発の中で、懸命に考えて選択してきた自分。もちろん、選択が正しいか失敗かは分からない。けれど、そういう決断や選択をしてきた自分自身は、間違いなく「自分の強み」を発揮して、発揮すべく、その選択をしてきたというのは自信を持って言えます。

これまで積み上げて来た自分、否定したいと思った自分も含め、「全てユニークな強みのある自分」だと気付き始めました。

強みや自分の軸が見えれば、そこからいろいろな仕事の発展が起きそうで、すでにその兆候があります。

ここから、さらにイノベーションしていけるという感覚を得ています。
頑張ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd