本当に強い会社が持っている「資本」とは #337

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日は、ある御客様企業でのミーティングで出されたたコメントで、いろいろ考えさせられました。
組合でも活躍されている、現場の若手リーダーの方のコメントでした。

組織の課題を話し合っている時にふと言われたことです。

「ヒト、モノ、カネという経営資源を注入しても解決しないことが、最近増えているんですよね」

なるほど、これは深い洞察です。

いわゆる伝統的な「経営(学)」においては、ヒト、モノ、カネ(これに情報を加えることもありますが)は「経営の3要素」であり、「3大資本」です。

何か課題があれば、人員という人的資本、設備や機器などの物的資本、財務的な資本を注入すれば解決に向かうと考えられて来た。

けれど、最近どの会社においても、「何かが足りない・・」と感じられています。

何が足りないのでしょうか。

私は、2つの「資本」が足りていないと思っています。

それは、

① 関係資本
② 知識資本

の2つです。

関係資本とは、その組織で働く人が、どういう「関係性」で仕事をしているか。協力して成果を生みだす関係性があるか。個々人が自分本位(部署、部分最適)で働いているか。

また、知識資本とは、個々人の知識や知恵に加えて「組織の知」が、武器になるほどに醸成されているか、という考え方です。

「知識資本」は単なる情報を超えた、人々の持つ専門性や知恵(チームワークする知恵も含みます)です。これは「関係資本」が前提になります。話しあう、問い合う、対話する、意見や知恵を交換する関係性があれば、その組織にしかない強力な「知識資本」が生まれて、他社がマネのしにくい製品やサービスにつながるのです。

最近は特に、これらの「資本」が欠落してしまって会社が凋落するケースが非常に多い気がします。
一方で、強い組織を作っているマネジャーは、これらの「資本」を意識/無意識的に創り出す努力をしています。

では、この関係資本、知識資本がどうすれば高められるのか?

それはまた今度ゆっくり書きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd