肩に力の入らない、「アラフォー世代」の起業・独立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近、まわりのアラフォー世代の仲間で会社を辞めて独立する人が多い。

自分の経営大学院時代の同期も、何人か有名企業を辞めて、独立を選んだ。
他にも、大企業のキャリアをすてて、独立・企業を選ぶ人がどんどん増えている。

一昔前なら、アラフォーで独立、というのはあまり多くなかったように思う。起業・独立するなら、20代から、遅くても30代半ばまで、という考え方が主流だったのではないか。

今のアラフォー世代で独立する人は、どこか肩の力が抜けている。結婚もしていて、家族もいる人が多いのに。奥様が働いている人が多いのは事実。皆、そこに依存する気はないけれど、心のどこかで、自由にキャリアを選べる前提になっていることはあると思う。そういう意味で、女性が社会で活躍することは、男性のキャリア観も確実に変えているということ。

いずれにせよ、私のまわりのアラフォー独立組、みな何かいきいきしています。キャリアも積み上げて、「最悪、うまく行かなければ、またどこかで働いてもいいかな」くらいに考えている人が多いのかもしれない。それだけ、積み上げて来たものに自信もあるのだろう。

社会の「ヘソ」とも言えるアラフォー世代。
年齢が横の世代とも、先輩世代とも、後輩世代とも、どの世代とも接点があるという独特のポジションがとれる世代。

それだけに、こういう世代で、社会をより良い方向に動かせて行けたら、面白いと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd