より良い未来、より良い自分を創る最初の4段階 ①願望 #410

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

さて、まず「願望を知る」です。

いろいろ悩みや焦りがあっても、実は自分が「何を一体求めているか」が明確になっていないことが多いもの。

様々なコーチングで頻繁に使われるツールが、「人生の輪」。
こういうものですね。⇒http://allabout.co.jp/gm/gc/291796/

堀江さんの講座でも、この「人生の輪」というツールを使い、自分が「何を求めているか」を深めるワークをやりました。

あらためて、やってみると思い知らされるのは、

「自分が何を求めているか、自分でもよく分かっていない」

ということ。例えば、

「仕事では、これくらい収入を得たい」

という願望があっても、

「じゃあ、健康については?」「家族のケアについては?」「勉強や趣味の時間については?」

と問うていくと、どういう状態を願っているのが、なかなか自分でも明確につかめていない。

だから、日々「何かが足りない」「あれがやれていないな」と焦ってしまい、充足感を得られない。

何より、「自分が目指しているもの」がクリアにならないと、気持ち悪いものです。

ハードに、ぼろぼろになるまで働いてみて、健康や家庭を壊してしまい、初めて「大切なことに気付く」というケースもありますが。
そうなる前に、自分の人生における「願い」を最初にクリアにしておきたい。

さて、自分の願望をどんな角度(項目)から、とらえていくか。
・キャリア(仕事)
・お金、財産
・名声、影響力
・社会貢献
・人間関係
・健康、身体
・勉強、教養
・生活環境
・仕事の環境
・自由な時間
・・などなど、です。

もちろん、もっともっと項目はいろいろある。
自分にとって大切な項目を、「人生の輪」においては、10個選ぶ。

その中で、「願望と比べての現状はどうか」「差があるとすれば、どんなことか」を明確にしていく。

これを、10年後、3年後、1年後、半年後、など様々なスパンで「書いて」みる。

そうすると、自分が一体、どのようなバランスで、何を求めているのか、見えてきます。

堀江信宏さんは、「5W1H」を使って、「誰と?どんな場所で?いつ?」という、なるべく具体的なイメージまで持つ事が大切だと言います。

これが出来てくると、何が変わるのか。

「自分の時間の使い方が変わる」(何をすて、何をやるか)
「自己肯定感が向上する」
「精神的な落ち着きが得られる」

その結果、
「欲しいものが、より早く、効率的に得られるようになる」

と、私は思います。

直近は、大それた願望でなくてもよい。
本当に自分の人生にとって大切なことは何か、を考えて少しずつ実行に移す事が、何歳になっても大切なはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd