「命」に感謝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日は、理由あって、健康や命について真剣に考えた日となりました。

何よりも、大切なのは命。
そして、日々心臓が動いてくれている、この身体が動いてくれている、そういうことがとても「有り難い(文字通り)」ということを再確認できました。

もちろん、それでも身体をこわしてしまうことはあります。
予期せぬことも起こるのが人生。

だからこそ、今、日々、生活できること、人と話したりコミュニケーションしたりできること、仕事や作業ができること、家族と元気に話ができること、これらのことに感謝したいと思います。

先日、NHKのドキュメンタリーで、2011年の震災で、大切なお子さんを亡くされた方のインタビューが放映されていました。
その方は、中学校の先生。お子様が生きていれば、ちょうど中学生世代。

その先生は、最初は、「自分の子供も生きていれば、中学に通っているはずだったのに」という感情をおさえることができなかったと言います。
当然です。

ただ、その後、徐々に気持ちが変わられ、「我が子が望んでも来られなかった中学に自分は毎日来れている。これを幸せに考えないと」と思われたそうです。

そして、最後に言われた言葉がすごく印象的でした。それは、下記の言葉です。

「今は、子供達ひとりひとりが『命』に見える」

この先生だからこそ、魂をこめて言える言葉かもしれません。

命の大切さを考えた日、改めて、この先生の言葉を思い出しました。

感謝。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd