頻繁に聞いた事があるが、やれていないことこそが、極めて重要なこと #418

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピーター・ドラッカーや、最近話題のアルフレッド・アドラーの理論は、しばしばこう呼ばれます。

「コモン・センス」

すなわち、「それは、よく言われる事ですよね」「一般的な常識や教養的なことですね」という意味。

私が学んだドラッカーは、

「自分の説明していることは、真新しいことでも、斬新なことでもない。歴史が証明してきた、一般教養だ」

とよく語っていました。

アドラーも、堂々と臆する事なく、「自分の理論は、コモン・センスである」と語っていたと言います。

ビジネス雑誌を読んでいて、京セラ創業者の稲盛和夫さんの記事が目に入りました。

かつてのJAL再生のプロセスにおいて、同社の古参社員と激論していた際のエピソード。
稲盛さんいわく、

「親父にあたるような年の人間が、親が子に説くようなことを言う。そのくらい知っとるわと思っとるやろう。でも知っていても、それを身につけていないどころか、日常の行動に何も反映されていない。君の人間性が考え方に影響を及ぼし、人間性そのものが日常の経営に出てこなければ意味がないんだよ。」(日経ビジネス 2013年1月号より)

稲盛さん

自分にも耳が痛い本質的なメッセージ。

いろいろなことを勉強しても、本当に、日々の行動で「実行」できているか?
もし実行できていなければ、意味がない。

賢人や名経営者と言われる人たちの言葉は、確かに、「そういう話はこれまでも聞いた事がある」というものが多い。
逆に言えば、それだけ多くの人が語り継ぐ大切な人生・経営のヒント。

まず、一つでも、二つでも、「実践」することにエネルギーを転換したら、100学ぶよりも多くの成果が得られるような気がする。

今日から、意識転換します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd