決断するということ #330

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先日の鮒谷周史さんのメールマガジン「平成進化論」に、ドラッカーのこの言葉が紹介されていました。

「企業経営のエッセンスは、何かに『卓越』することと、『決断』することである」

そして、鮒谷さんはこう続けます。

「決断するところから、行動が要請され、要請された行動によって、成果がもたらされます」

まさにそのとおり。

本当に、鮒谷さんのメルマガは大切なことがすばっと書いてある!

「決断」の大切さ、最近実感しています。
何をやるのか、何を選ぶのか、何を決めるのか。

私はほとんど1人社長で気楽にやっている方かもしれません。
しかし、人生や家族がかかっているので、組織に依存せずに生きて行く上で、日々「決断」が迫られます。

大きな組織の経営者になれば、なおさらでしょう。

決断をしなくても、すぐに大きな問題にはならないことが多い。
だからこそ、決断は難しい。

しかし、決断するからこそ、求める未来に対して早いタイミングで取り組める。
決断のしかたによって、これからの事業や仕事の姿ががらっと変わるのだと思います。

そして、決断するための条件は、何かを「廃棄」することだとドラッカーも言っています。

自分の信念として、価値観として、理想として違うことは、勇気をもってNoという。
そうすることで、本当の対話、信頼関係、未来の良い仕事も生まれてくる。

そんな気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd