「パソコンを触っていない時間」をどれだけ増やせるか #350

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

パソコンは便利ですね。
メールも、情報検索も、資料作成もすぐにできます。

気付いたら、一日の大半をPCの前で作業をして、「ああ、仕事したなー」と感じている自分もたまにいます。

しかし、最近あえて逆説的に考えています。

パソコンをさわっている時間は、いわば「作業やアウトプット」を生みだしている時間。

一方、本当の「創造性」「クリエイティブなアイディア」はパソコンを触っていない時間にこそ生まれています。

たとえば、旅に出る。または読書する(特に自分の専門外の本)、散歩する、人と会う、街を歩く、イベントに参加してみる、などなど。

なかなかできていませんが、映画鑑賞や美術館に出かけるのももちろん「創造性」を高める時間だと思います。

パソコンは、情報を整理したり、発信したりするには便利なツールで不可欠です。

しかし、これからの時代、「どれだけクリエイティブな発想を持てるか」がより大切。
クリエイティブとは、全く新しいものを生みだすだけでなく、古くからある良いものを再発見・再定義することも含みます。

なるべく「パソコンに向かわない」創造的な時間を持つ事も、自分の課題だと感じる今日この頃です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd