スティーブ・ジョブズが、仕事場で、「最も大切にしたモノ」とは #392

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

よく言われることですが、

モノが散らかっている状態というのは、心がとっ散らかっている状態

ですね。

私のモノも、なかなか片付かない。
資料や書類、書籍、衣類など。

だから、もう迷ったら、思い切って棄てることにしています。

「片付けコンサルタント」なる方が、衣類については特に「心ときめかなかったら棄てなさい」などとおっしゃっています。

なるほど、そういうものかもしれません。

思い切ってすてて、物理的にも、精神的にも「スペース」をつくる。
そうすることでストレスがなくなり、前向きに、創造的になれる。

スティーブ・ジョブズさんは、ピクサーという会社を設立した際に、

「オフィスの中心に、何か社員にとって最も大切なものを置きたい」

と考えて、あるものを置く事にしました。

それが、

「何もない空間」

だったそうです。

禅の思想を学んだ、ジョブズ。

「無」にすることで、精神が安定し、イノベーションや創造性が生まれることを理解していました。

日本人以上に、日本的な心を知っていたのかもしれません。

ピクサー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd