すべては、「意思」で決まる〜子供のサッカーを見て考えた事〜 #394

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

昨日は、新小学校2年生になった息子の、今期初めてのサッカースクール(マリノスアカデミー)を見学。

新しいコーチや、メンバーとも楽しそうにサッカーしていて、よかった。

最後にやっていたミニゲームを見ていて、思った事。

点をすごくとる子供と、そうでない子供の

「最大の違い」とは一体何だろう。

自分なりに確信したのは、

「点をとる子供は、常に、ゴールを意識している」

ということ。

常に、「ゴールにボールを入れることを意図して」

サッカーしている。

児童だからこそ、無邪気な程にそれがプレーにあらわれる。

コート真ん中あたりでボールをさわっても、すぐにシュートを打とうとしたり。

ドリブルで、1人抜いて、すぐにゴールに向かって蹴ったり。

当たり前のようなことだけど、実は成長してくると、なかなかこれはできない。

「次にどこにパスするか」
「まわりの人間をどう使うか」
「チーム戦術的には、次にどうするべきか」

といったことが頭をよぎり、肝心な、

「ゴールに向かって一直線に進む。何があっても、ゴールを奪う」

という目標が見失われがちになる。

プロの選手でも、得点を量産する人は、常に

「ゴール、ゴール」

と意図している。

ゴールへの意識が高いから、身体の向きも、トラップの位置も、数ミリ、違ってくる。

サッカー以外でも一緒かもしれない。

あれこれ、「余計なこと」を考え過ぎて、

目的と目標に一直線に向かうことができなくなっていないか?

子供の無邪気なサッカーを見ながら、そんなことを教えてもらった気がする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd