「どういう親であるべきか?」の答えを探している自分へ #428

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

前の投稿、

「『どういう上司であるべきか?』に悩んでいる人へ、伝えたいこと #427」

を書きながら思ったのですが、これは、

「どんな親であるべきか?」というテーマについても、同じことが言えますね。

自分も7歳の息子と2歳の娘の親。
日々、懸命に働きながら、「家族を養うぞ!」と頑張っているわけですが、子育てにおいては、「ああ、これでは親失格だなー」と落ち込むこともしばしば。

まだまだ未熟な自分。「自分は、子供達にとってどんな親であるべきなのかなあ」などと、考え込むことも多いです。

そんなとき、やはり、「自分が子供達だったら、親にどうあってほしいと思うだろうか」と考えてみるのが良いかもしれません。

当然、自分の親と自分自身もキャラクターが違う部分もありますので、ここもやはり、自分独自の「基準」でよいはず。

自分が子供達だったら、親のどんな「背中」を見て、生きるモチベーションが湧くのだろう。
見習いたい、と思うだろう。
いいなあ、と思えるだろう。

そんなことを考えると、

「あるべき親」という像から少し開放されて、

「自分らしい親のあり方」が見えてくる気がします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd