自分の「知識資本」に投資し、成果を上げる人たち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

このブログでもたびたびご紹介している、「平成進化論」という日本最大のビジネスメルマガの著者であり、コンサルタント、そして投資家でもある鮒谷周史さん。

今年春に、ある場で初めてお会いし、4月末の連休に鮒谷さんのセミナーに参加させて頂いて以来、鮒谷さんつながりで非常に多くの「出会い」に恵まれています。

昨日も、その鮒谷さんのセミナーの同期である上田修司さんのご紹介で、こちらも鮒谷セミナーの修了生である、アークフィール株式会社の崎元社長のオフィスにお邪魔し、ランチもご一緒させていただきました。

その時の会話を、崎元さんのブログでもご紹介いただきました。⇒こちらです。

鮒谷さんはじめ、皆さんとのご縁のきっかけは、やはり「ドラッカー」。
「ドラッカーの理論を実際の経営に活かす」という点で共通している皆さんです。

鮒谷さんも、崎元さんも、某社が開講しているドラッカー経営学講座(1期12回の講座、かなり高価な部類に入るものです)に複数期参加されて、文字通り、「地肉になるまで」理論をご自身で吸収・咀嚼されて、実際の企業経営やビジネスに役立てておられます。そして、言うまでもなく、お二人ともフィールドは違えど、事業は非常に好調で成功されています。

上田さんも含め、この鮒谷さんを起点としてご縁をいただいた皆さんに共通していることがあります。それは、

「徹底的に『知識資本』に投資し、その知識資本を土台に事業を構想・構築している」

ということ。

最近特に感じるのは、成功している経営者や事業家の方ほど、本当に「よく学ばれている」ということです。

もちろん、営業力や発想力など、元々お持ちの資質もあるかと思います。けれど、皆さん「びっくりするくらいの」金額を、知識資本の修得につかわれていることが共通点です。一つのことをしっかり学ぶために、数百万円規模の投資もいとわず、その成果として、数千万円、数億円規模の事業を築いている、というイメージです。

ドラッカーも言っていますが、かつては「産業資本」に投資されていた金額が、今後はますます「知識資本」に投資されるようになります。まさに、成功している人程、それを見事に実践されているということですね。

私も、一生懸命働いて稼いだお金を臆せずに「自己投資」にあてて、さらに大きな事業成果をあげていきたいと改めて思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd