幸福になるための3条件 #279

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

本日午前に受講した講義の先生によると、人が幸福になるためには、下記の3つの条件が順々に満たされていることが大切らしいです。

1つめ:「自己受容」

2つめ:「他者信頼」

3つめ:「貢献感」

まず、自分自身のプラス面もマイナス面も「それで良い、それが自分だから」と一旦受け入れて、認めること。

自分を受容できることで初めて、他者を信頼することができると言います。

そして、自分と他者を信じることができると、「自ら自発的に貢献したい、貢献しよう」という気持ちになり幸福感が高まるとのこと。

ちなみに、この逆のサイクルは、①自己否定 → ②他者不信 → ③依存(「あの人が〜してくれないから」「あの人に〜の扱いを受けたから」という考え方)で、これは「不幸せの3条件」だそうです。

まず、自分を受け入れること。簡単なようでなかなか難しいですね。

ついつい他人と比較したりして、「ああ、俺はなんでこんなことも出来ていないんだ」と落ち込んだりすること、たまにあります。

けれど、まずは自分自身に自分が「それでよい、それが自分だ」と言えること。
それが大事ということなのですね。頑張ります。

いずれにせよ、かわいい子供達の顔を見ていると、幸せは十分感じられる気もしますが(笑)。

クリスマスツリーの前で。お兄ちゃんと妹仲良く、の写真。
(なかなかカメラの方を向いてくれない・・)

クリスマス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd