「セルフ・マネジメント」という新しい可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

私の母校 クレアモント大学院大学 ドラッカー経営大学院の教授が、日本で小規模セミナーを開催します。
テーマは「セルフ・マネジメント」。

現代企業では、「自分自身」という本来最も生産性を高められる資源を活かしきれていないマネージャーが多くいます。
自分自身の感情やストレスをどうコントロールし、「成果」を上げて行くか。関心のある方は、是非ご参加ください。

hunter

ハンター教授とは卒業後も親しくさせて頂いています。
思いやりと愛情にあふれた、本当に素晴らしい人です。
(以下、セミナーご案内)

リーダーの真の創造性を引き出す「セルフ・マネジメント」
来る12月15日、経営学者ピーター・ドラッカーが創設し教鞭をとった米クレアモント大学院大学ドラッカー・スクール・オブ・マネジメントより、「セルフ・マネジメント」の第一人者であるジェレミー・ハンター教授を招き、セミナーを開催いたします。

以下のようなお考えをお持ちの方は特に、是非ご参加ください。

「MBAで教えている『セルフ・マネジメント』がどのようなものか、関心がある」
「実務において、ストレスや人間関係の問題を生産的に乗り越え、成果を上げる為の『セルフ・マネジメント』の基礎を短時間で学びたい」
「最近ビジネス界でも注目されている『瞑想』が、仕事の生産性にどのような好影響があるのか、知りたい」

〈当日の主な内容(予定)〉
■今、「人間」にとってどういうビジネス環境なのか
■「ストレス」とは一体何か
■神経系統とストレスの関係性とは
■「Attention (着眼)」の力とは
■「脳」と人間の仕事との関係
■瞑想によって得られる効果とは
■自分の「感情」や「意識」をマネジメントするということ
■破壊的なコミュニケーションを避け、生産的な人間関係を築く方法
■成果を上げる為の「セルフ・マネジメント」の本質とは

〈セミナー概要〉

講師:米クレアモント大学院大学 P. F ドラッカー経営大学院(ドラッカー・スクール)准教授 ジェレミー・ハンター

「自分自身をマネジメントできなければ、組織をマネジメントすることはできない」 ― 経営学の父と呼ばれたピーター・ドラッカーの言葉です。 現代における「セルフ・マネジメント」とは、自分自身の内面の感情、着眼点、思考パターンを認識し、それらをより創造的、生産的な方向に向けて行くことに他なりません。

10年以上前より、企業のリーダーや幹部候補生への教育プログラムに「瞑想(Meditation)」を取り入れ、内に眠る創造性やエネルギーの解放プロセスを探求してきたジェレミー・ハンター教授。 第3回は、ハンター教授のファシリテーションにより、現場で成果を上げることを求められるエグゼグィブや、リーダー的な立場の方々が、日々の生活の中で実践しやすい「瞑想」と「セルフ・マネジメント」の方法を体感いただきます。

注:本セミナーは原則英語で行われます。ハンター教授は日本語もある程度理解さ
れるので、日英言語混合での進行になります。適宜、通訳などのサポートをさせて頂きます。

〈講師略歴〉
ジェレミー・ハンター (Jeremy P. Hunter)
Web: http://jeremyhunter.net/about/
クレアモント大学院大学 P.Fドラッカー経営大学院(ドラッカー・スクール)准教授 「Self Management」理論研究の第一人者。 “人生の豊かさ(Wellbeing)”と”仕事における真の創造性とパフォーマンス の引き出し方”について研究。ミハイ・チクセンミハイ(世界的に著名な認知心理学者で「フロー」理論の提唱者)とともに、クレアモント大学院内にQuality Of Life Research Centerを設立。 1999年より、ドラッカー・スクールのMBA 及びExecutive MBAプログラムにて”Self Management” 及び”Executive Mind”の2講義を担当。同校の年間最優秀教官賞を両講座にて受賞。 コンサルティング実績は、スターバックス、グーグル、米トヨタ自動車、ロサンゼルス警察など、企業、公的機関含め多数。 ハーバード大学大学院(ケネディー・スクール)にて修士号、シカゴ大学大学院にて博士号を取得。

〈会費とお申し込みについて〉

当セミナーはバランスト・グロースLLP主催の「ビジネス右脳を鍛えるイノベーションサイエンスシリーズ」の第3回目になります。
http://www.balancedgrowth.co.jp/school

第3回のみのお申し込みの方の参加費は、18, 000円となります。

上記サイトのお申し込みページより、
「ビジネス右脳を鍛えるイノベーションサイエンスシリーズ」を選択してお申し込みくださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd