経営者の「優先順位」 #536

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ドラッカーの「経営者の条件」という著書に、

「成果を上げる経営者の8つの習慣」

という項があります。

そのうちの最初の2つが、以下です。

1. 「なされるべきことを考える」

2. 「組織にとって何が最も大切か、考える」

最初の「なされるべきことを考える」。

分かりにくい言葉ですね。

二つ目の「組織にとって何が最も大切か、考える」

ともつながっていますが、

「今、自社にとって、最も大切で、なされるべき最も優先順位の高いことは、一体何だろう」

と経営者が、じっくり自問することの大切さを語っています。

ある企業のお手伝いでも、

この言葉をベースに、昨日社長と話し合いました。

いろいろやりたいこと、やるべき課題はある。

魅力的(そうにみえる)話も沢山ある。

修正しないといけないことも山ほどある。

けれど、

「いま、我が社にとって最も大切なことってなんだろう?」

という問いを深く考えることで、

おのずと、「最も大切なこと」にグッと「フォーカス」が効いてくる。

そのように思うのです。

それが、リーダーの強い思い、言葉、行動になって、

社員にも強く伝わっていく。

そんな気がしています。

夜

(夜のみなとみらい)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd