「生産性」って、そういうことじゃないんだよ。。と言いたい件 #577

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

久々にブログを書きます。

日々のコンサルティングで改めて気づくことも多く、いろいろ書きたいことが溜まってきています。

マネジメントをする人にとって大切なことは何でしょうか。

それは、働く人の仕事を「生産的に」してあげることです。

この「生産的に」とか「生産性」って、よく使われる言葉ですよね。
管理職の方は、よく使いますね。

そして、この「生産性」という言葉、社員にはとっても「ウケ」が悪いです。

まず、反応としてよくあるのが、

「生産性向上って、、もうこれ以上は限界だよ!」

みたいな反応です。

これは、「生産性」という言葉が、

「あるリターン(結果)を生むのに投資するインベストメント(投資)をなるべく最小に抑えろ」

というニュアンスで受け取られているパターンです。

実際に、管理職側もそういう意味で使っている人が多いです。

けど、これは古くからある「工場における生産性向上」の発想から、抜けられていない人です。
すなわち、「リターン」がある程度明確だった時代の発想から、抜けられていないのです。

今、問うべき「生産性」の主役は、むしろ

「リターンは何か?」

の方です。

簡単に言えば、

「その仕事は、どんなリターン(つまり、顧客にとっての価値)につながっている?」

を上司も部下も徹底して話し合って、目指すリターンを再定義するべきということです。

目指すリターン自体を見直せば、自ずと実施する仕事(インベストメント)も変わってきます。

そうすれば、

「そもそも、目的を考えると、この業務、もう必要ないんじゃないか?」

「この会議をやっていても、欲しいリターンは得られないんじゃないか?方法を変えよう」

という発想が生まれます。

結果、本当の意味で「(価値を)生産する」仕事に、人々の仕事が変わっていくのです。

そして、「ああ、仕事が何かを生み出している充実感がある」と社員のモチベーションも上がってきます。

変化の激しい時代、組織が目指す「リターン」は刻々と変化します。

お客が価値と感じるものが、急速に変化するからです。

それを、変化しないものとして捉え、「効率的にせよ」的な管理だけに邁進する管理職に、もはやマネジャーの資格はありません。

本当の意味で、人々が「イキイキと価値を生産する仕事とは?」

これを真摯に問い続け、メンバーと対話して生み出せる人が、これからの時代に成果を上げて信頼を得られるマネジャーなのです。

働く人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
コメントは利用できません。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd