代表メッセージ

代表メッセージ

「良い事業、良い組織、良いマネジメントとは何だろう」

私は、学生時代ずっとサッカーをやっていました。すごい経歴の選手が揃っていても、学校から多額の財政支援があっても、結果として勝てないチームがあります。一方で、個々の選手の力量は平均的でも、チームとして誰もが驚くような結果を出すクラブもあります。幼い頃から、スポーツを通じて「良い組織、強いチームとは一体何か」を探求していたことが私の「マネジメント」という分野への関心の第一歩でした。

社会人になってからも、「良い事業、良い組織、良いマネジメントとは何だろうか」というテーマが常に心の中にあり、実践とコンサルティングの現場で一貫してこのテーマを探求してきました。

「マネジメントの父」ピーター・ドラッカーとの出会い

ドラッカー

外資系コンサルティング会社やIT系ベンチャー企業の事業現場で充実した日々を送っていた中でも、上記の問いが常に私の中にあり続けました。 IT、人事、財務・会計、営業・マーケティング手法・・・経営には様々な「方法論」が提唱されます。コンサルティング会社もシステム開発会社も、これらのツールを開発し、販売します。セールストークの中には、「経営革新」「マネジメント革新」「マーケティング革新」といった言葉が踊ります。

忙しい日々の中で、私はさらに自問していました。

「本当に良い事業、良い組織、良いマネジメント、良い経営とは一体何か。この『目的』が明確にならなければ、どのような方法論を集めても本当に望ましい成果は上がらないのではないか。」

そんな中、書店でピーター・ドラッカーの著書に出会いました。その裏表紙にはこのように書かれていました。

「いかに余儀なく見えようとも、またいかに風潮になっていようとも、基本と原則に反するものは例外なく時を経ず破綻する」

それまで名前を聞いた事があった程度のこの経営学者の言葉、特に「基本と原則」という言葉に、私は強い関心をひかれました。自分がずっと探求している「良きマネジメントの原則と定義」に関するヒントがここにあるかもしれないと感じたのです。

米クレアモント大学院大学P.F ドラッカー経営大学院
(ドラッカー・スクール)へ

Drucker Faculty Burkle

このドラッカーが創設し、長年教鞭をとり、またその思想と理念が反映された小さな経営大学院が米カリフォルニア州クレアモントにあると知り、私は留学を決めました。約7年間の実務経験を経て、30歳直前での留学でした。仕事も辞め、まさにゼロからの挑戦。ドラッカー・スクール一校に絞って提出した約5ページの出願エッセイは、拙い英語で、「理想とする事業体/組織を創り上げる為には、一体何が必要なのか」という言葉で始まっています。

目的意識が明確なため、経営大学院での2年間は、懸命に学びました。単純に経営学の知識を身につけるだけでなく、マネジメントそのものの本質と個々の手法や理論がどうつながっているのか、自分が納得できるまで探求しました。クラスメイトや教授陣と遅く迄議論したことも度々ありました。

ドラッカーの提唱した「マネジメント」の本質と原則が経営学の各教科に反映されたドラッカー・スクール。

このスクールで学び、素晴らしい仲間や教授ととことん語り合えたことは自分にとって大きな財産です。

実務の現場での挑戦

チーム

帰国後は、約6年間、ベンチャー企業経営の現場で文字通り日々格闘しました。マーケティング、営業、事業開発、新事業部の創設・・良い先輩・仲間達と現場の課題に挑戦する中で、大学院で学んだ「マネジメント」「組織」の本質と目指すべきものについて再確認することができました。前述のドラッカーの言葉どおり、「いかに風潮や流行に乗っていても、マネジメントの基本と原則に則っていない」会社や事業があっという間に崩壊してしまう事例も目にし、また経験もしました。独立後、人材育成やコンサルティングでクライアント企業をお手伝いする場合も、可能な限り「現場」の情報や課題に深く触れるようにしています。現場の現実の中でこそ、身を切られるようなジレンマの中で力を与えてくれる「マネジメントの基本原則」が有効に機能するからです。

本当のマネジメントとは「管理」ではない

外資

私が学問と経験を通じ学んできた「マネジメント」の本質は「管理・統制」ではなく「創発」です。マネジメントとは、人と組織の力を活かし価値ある成果を生みだす考え方です。多くの会社で、マネジメントを「管理」、マネージャーを「管理職」と訳してしまっていることが、その意味をゆがめてしまっています。

「Manage(何とか〜する)」という語感が伝えるように、本来マネジメントとは、創発的・創造的なものです。もちろん、目的に応じて統制・管理しなければいけない状況もあります。しかし管理とは、マネジメントというよりも「Control」であり、マネジメントの中の一要素に過ぎません。

人間の創発・創造・チームワークを引き出すという本来の目的ではなく、「機械的」「静的な」管理にマネージャーの意識が向いてしまうのは組織にとって危険信号。より良い顧客価値や新サービスを生みだす発想が組織・チーム内で生まれにくくなります。特に現代のように右肩上がりの成長が難しく、変化が激しい時代には、本来の「マネジメント」の意味を改めて認識し、創発をリードするマネージャーの役割を再確認することが不可欠です。

既存組織・役職・制度ではなく、「事業」が牽引役

ピーター・ドラッカーに学んだマネジメントの原則として特に重要なことの一つに、「自分たちの事業とは一体何かを常に自問する」ことがあります。往々にして、企業が大きくなり業務や組織も複雑化すると、「こういう組織構造、ルールだから」「上長がこう言っているから」「自分の権限はここまでだから」といった判断軸や言葉が横行し始めます。これは。「事業」という軸より、既存組織のルールや権限が企業を引っ張っている状態です。

昔も今も、本来企業を牽引するのはあくまで「事業」(プロジェクト)です。創造的で社会的意義の高い「事業」成功に向けてメンバーの能力・知識・貢献が集められ、時には既存組織や役職を越えて意見が交わされ、協力しあう。結果、次々に創造的なアイディアや行動が生みだされ、顧客価値につながり、収益の増大に寄与する。これが「事業」が企業を牽引するという本来の姿です。

我々の社名であるPROJECT INITIATIVEには、この事業(PROJECT)が牽引(INITIATIVE)するというマネジメントの強い理想を込めました。また、INITIATIVEという言葉には私の好きな「自発」「率先」「新基軸・新構想」という意味もあります。

この社名に込めた想い一つ一つが現実になる為の活動を展開していきます。

私たちが目指すもの

「事業立国」としての日本の強みを再び世界へ

日本

日本は、「事業立国」だと私たちは考えています。
「事業家立国」と言えるかもしれません。

他国とは違い、エネルギー資源立国でも、IT立国でも、金融立国でもない。目に見えるアドバンテージが少ない我が国において、企業家精神と倫理意識に富んだ多くの事業家たちが、健全な事業活動から安定的な富と長期的な雇用を生みだす循環を創り上げました。その結果、世界も驚く経済成長と豊かな社会が実現されました。もちろん、ここでいいう「事業」とは、営利企業に限らず、教育・医療・芸術・文化など幅広い面で社会に貢献して来た「プロジェクト」全体をさします。

しかしながら、高度経済成長、バブル経崩壊済などを経て、日本の「事業」は方向性を見失ったように見えます。

人々は安定した会社勤務に慣れ、安定を手放すことを怖れ、いつしか創造的なアイディアや想いを率直にぶつけ合う「事業家的な精神」は陰を潜め始めました。不確実な時代の中でリスクをなかなかとらない、とりにくいという背景もあるでしょう。

今こそ、偉大な日本人たちが発揮して来た健全な「事業家精神」を取り戻すタイミングではないでしょうか。
必ずしも巨大事業や越高収益企業を築く必要はないはずです。大企業の中にいても、あるいは地域コミュニティで小さいながらも素敵なスモールビジネスを手がけるという形でも、「事業家精神」は発揮できます。そしてその事業家精神は、日本人特有の倫理基準や行動規範に支えられた、欧米や他の新興国とも少し異なるもののはずです。一人一人が事業家精神とイニシアティブ(自己責任意識)を持つ事で、持ち場持ち場で質の高い成果を生みだし、全体の経済活動も好転させられる。これからの時代に、そのような望ましい経済発展のモデルを世界に示すことができるのは、日本と日本人だと思います。

そういった日本独自の「事業家精神」「事業創造のモデル」が世界に改めて認められ、評価され、国境を越えて広く広がって行けば、その土台の上に世界からも有効な知や技術が日本に集まり、ますます相互に尊重・協力し合える。そのような対等なパートナーシップが世界を舞台に結べて行けるでしょう。

政府施策、制度、既存組織、役職が引っ張る社会ではなく、規模が小さいものも含め、多くの魅力的な事業(Project)が社会を牽引(Initiative)していく。

私たちは、そのような健全な社会、人間が幸福になる経済活動・企業活動を実現するために様々な支援と実践をしていきます。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら
Copyright 2017 PROJECT INITIATIVE Co.,ltd